F-Power SPIRITF-Power スピリット

私たちF-Powerは
エネルギーの常識に決してとらわれることなく
業界の“再定義”を行い続けます。

エネルギーの適正価格とは
エネルギーに求められる形とは
エネルギーが進むべき未来とは

供給側から需要側に発想を転換し、
過去から未来を、そして未来から今を見抜く力で、
エネルギーによって生み出される
あらゆる“価値”を創造していきます。

「誠実」と、「情熱」と、「挑戦」で、
21世紀の業界のあるべき姿を示し
社会に貢献し続ける企業を目指します。

F-Power

Brand Philosophyブランド フィロソフィー

“共生”“循環”の社会を目指すともいき

 20世紀を振り返ってみると、奪い合いの歴史だったと言うことができると思います。世界には、誰も手をつけていない白地が常にあったため、その白地を切り開くことで成長してきました。土地の奪い合い、シェアの奪い合い、ありとあらゆる白地を開拓し尽くしてきましたが、21世紀に入り白地は無くなろうとしています。これまでと同じ奪い合いの発想では発展を続けていくことができなくなってしまったのです。
 「共生(ともいき)」と「循環」はこのような時代に必要な考え方です。「共生」とは奪い合うのではなく分け合い、共有していくということです。そして共に生きていくためには多様性を認めなければなりません。自分が正しいと思うものだけを信じるのではなく、様々な考え方があることを理解することが大切です。さらに多様性を認め、みんなで分け合っていくということは、世代間を超えて未来につないでいくということです。これが「循環」の考え方です。大量生産、大量消費が良しとされていた時代が過ぎ、「限られた資源を無駄なく使う」「取り尽くすのではなく次の人たちに残しておく」という発想です。即ち、分を弁(わきま)えて生きていこうということになるわけです。この「共生」と「循環」をリンクさせることで、白地がなくなった社会の中においても、持続性を持ちながら、前進していくことができると考えています。
 常にこの「共生」と「循環」という発想を持ち、エネルギーの“供給側”と“需要側”の間で、バランスをとり、決して我々だけの一人勝ちを目指すことなく、社会全体の最適なエネルギーの形を模索し続けていきたいと考えています。